スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鋼の錬金術師(9) 荒川弘
1巻~4巻を一気に買い、5巻~6巻をうずうずしながら待ち、とうとう待ちきれなくなってガンガン本誌に手を出してみたが、7巻を買った時に、5巻6巻の時に感じた発売日を指折り数えるような期待感や購入時の「待ってました」というような高揚感が感じられなかった。やっぱり月刊誌はある程度まとまったページ数が載っているので一度読んでしまうと単行本になった時の印象が雑誌掲載時と変わらないという弊害があるなぁ。
それでガンガン購入をやめたのだが、8巻はそれでも全部読んだところばかりだったので、やっぱりあまり高揚感はなかったのが残念。お話としては非常に盛り上がるところなのに。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/30 03:25】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アクセスログ解析の教科書 石井研二
Web担当になったので当然担当するサイトのアクセス解析は行っている。自分の運営しているサイトでもアクセス解析がホームページレンタルサービスについていたので結果はチェックしていた。
続きを読む

テーマ:WEBサイト作成/デザインに役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

【2004/11/27 12:22】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恋愛映画のように、は 山田睦月×菅野彰
結論から言うと、私はこの話には合わなかった。
今までの山田睦月作品は、自作も原作付も含めて全く合わない作品はなかったのに、珍しく全く合わない。
何が合わないかというと、感情の向かうベクトルの方向が合わない。
続きを読む

テーマ:コミック感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/26 02:13】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
げんしけん(5) 木尾士目
今日は色々なマンガの発売日だったが…一番面白かったのがコレでした。
続きを読む

テーマ:げんしけん - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/25 03:27】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
げんしけん 第7話
久しぶりに見る『げんしけん』。時間帯が合わなくて毎週見忘れていたが今週は丁度休日だった事もあって見る事が出来た。
続きを読む

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/24 03:35】 | アニメを見れば | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
手乗り鳥の中型インコの本
「手乗り鳥の本20号記念特別号」と銘打たれた本。セキセイ、コザクラ等の小型インコよりは大きく、コンゴウインコや白色オウムほどは大きくないインコがこんなにまとめて載っている本はないなぁとばかりに購入。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/11/22 23:43】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あの広告コピーはすごかった! 安田輝男
以前に読んだ、「あのネーミングはすごかった!」の前に書かれた本。
「広告コピー」に注視して、今までのポスターや映像の広告コピーでインパクトが合った、素晴らしかったものを、どういう効果を狙った広告コピーかで分類し列挙したもの。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/11/20 23:23】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レイアウトデザイン見本帖 ホームページ編  レイアウトデザイン研究会
ホームページは見るのも作るのも好きで、「これはいい!」と思うデザインやレイアウト、色使いは当然ある。ただ、私はデザインを専門的に勉強したことがないので、自分が「これはいい!」と思うレイアウトデザインが、理論的に見て「良い」のか単に私の好みにあっただけなのか判断ができない。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/11/19 12:19】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大阪学 大谷晃一
出張で新大阪に行った時、新幹線の中の暇つぶしに買った気がする。それも内容もよく知らずいしいひさいちの表紙に惹かれて買ったようなものである。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/11/16 23:46】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヒカルの碁(1) ほったゆみ、小畑健
ジャンプ本誌やアニメ本放送中のあれほど騒がれていた時には何の興味も無かったのに、CSのキッズステーションで放送している数話を見て、つい全部読みたくなってしまった。
続きを読む

テーマ:コミック感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/15 23:23】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GUNSLINGER GIRL(4) 相田裕
表紙はクラエス。「トスカ」のペーパーバックに顎をつきながら、何事かを考える表情が非常にクラエスっぽくて良い。1巻から4巻まで並べてみると3巻のトリエラがあまり可愛くないのが可哀想だなぁ。
続きを読む

テーマ:コミック感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/14 23:21】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケロロ軍曹 第33話「ケロロ小隊 アニメで地球侵略であります」
朝起きて、たまたまテレビをつけたらやっていた。オープニングから見るのは初めての『ケロロ軍曹』
続きを読む

テーマ:ケロロ軍曹 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/13 23:53】 | アニメを見れば | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンデー50・51号
■名探偵コナン

連載500回記念という事で、ワイド型の表紙に最初3ページがカラー原稿。ワイド型の表紙は途中まで気がつかなかった(^^;) 「なんで今回は表紙がちょっと短めなんだろう」と思ってた。
続きを読む

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/10 02:22】 | サンデーを読み | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
DEATHNOTE-デスノート-(4) 大場つぐみ、小畑健
表紙は弥海砂。デスノートの表紙はいつも思うが、作画担当の小畑さんは非常に楽しんで描いているのだろう。今回のミサミサもコケティッシュな感じが迫力を増していて、画面的にはカワイイのにオドロオドロシイ感じが出ていてよい。まあ、後ろにいるレムがオドロオドロシイのかもしれないが(笑
続きを読む

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/09 01:43】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
名探偵コナン(47) 青山剛昌
47巻は、携帯メールを巡って蘭ちゃんがコナンと新一の関係に疑問を持つ話(笑)、高木刑事が宝石を物色する話(笑)、平次が「和葉が自分にとってなんなのか」を意識する話(笑)の3本だて。対象人物とシチュエーションに違いはあるものの、単行本に入っている3種類の話がすべてメインキャラのラブコメ風味になっているのも珍しいのではなかろうか。
続きを読む

テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/06 00:08】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
百鬼夜行抄(12) 今市子
今市子さんの『百鬼夜行抄』も12巻目になるのだなぁと感慨深い。
最初の頃に比べると律も祓い屋っぽい事を厭わずにやるようになったもんだ。
続きを読む

テーマ:コミック感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/05 23:51】 | マンガを読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンデー49号
■結界師
やはり、読むと無性に胃の辺りに重いものがたまってくるような気がして、どんよりする。面白いのになぁ。
続きを読む

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/04 02:35】 | サンデーを読み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
名探偵コナン第376話「タイムリミットは15時!」
久しぶりに面白いアニメオリジナルだった。
続きを読む

テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/11/03 01:44】 | アニメを見れば | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あのネーミングはすごかった! 安田輝男
「ヒット商品を生んだ秀逸ネーミング集」と副題の付いた本で、商品、カテゴリー、会社、キャラクター、広告のネーミングのうち、元博報堂制作ディレクターの作者が「秀逸」と感じたネーミングを成り立ちや宣伝文句を交えて1つ1ページ使って紹介したもの。
最後にどんなネーミングが良いネーミングなのかを「ネーミングづくりの方程式」としてまとめられているのが親切である。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/11/01 17:01】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。