スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「教育の崩壊」という嘘 村上龍
村上龍がNHKの討論番組に出て、そこでの議論が自分の考えと噛み合わない現実を知り、その理由をさぐるため、色々な人と対談や鼎談をして、その内容をまとめたもの。
JMMという村上龍主催のメーリングリストがあるんだなぁ。
対談というのは、自分の考えが明らかな人同士が、お互いの考えを共有したり深めたりするために、相手に自分の考えを披露しあうものだ、ということがよく分かる内容になっていました。

村上龍の問題意識として、「教育の崩壊」という言葉で語られている事は、「権威による統制というシステムの崩壊」であり、それに代わるものとしての別のシステムを構築していかなくてはならない、という構造改革の真っ最中にあるのが現在の状況だ、というものがあるようです。
構造改革の行く先として「コミュニケーションによる統制」が来ると良そうしており、そこには経済的原理(損か得か)を持ち込むことで価値判断をわかりやすくすることができる、としていました。

この考え方は正しいように感じました。

「なぜ悪いことをしてはいけないのか」の理由を現在では子どもが大人に求めています。それには、納得のいく答えを出していかなくてはならない。権威の復活による上からの統制に比べれば、頭を使って一つひとつ考えていける、リベラルな時代になったとも言えるでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/02/23 01:04】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<荒川弘イラスト集「FULLMETAL ALCHEMIST」 荒川弘 | ホーム | 月光クロイツ(1)(2) 羽崎やすみ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinatahoko.blog18.fc2.com/tb.php/10-8efda457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。