スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
灰原 哀という人(by名探偵コナン)
「もうひとつの名探偵コナン(復刻版)」という友達(ぶうちゃん)のサイトがある。
「名探偵コナン」のヒロイン毛利蘭ちゃんを応援するサイトであった「もうひとつの名探偵コナン~願いごとひとつだけ~」(すでに閉鎖)の復刻版サイトということで、ブログになっている。
このブログの最初の文章「ブログでこんにちは」は、「もうひとつの名探偵コナン(復刻版)」の基本コンセプトをうまくまとめていて、非常にわかりやすく、とてもぶうちゃんらしい(笑
その文章の中に「灰原 哀」という「名探偵コナン」の別のキャラクターについて、触れられていたのに触発されたので、いつも思っていることを覚え書しておこうと思い立つ。

結論から言って、灰原 哀は、蘭ちゃんと新一の仲を揺るがすものにはなり得ない、と思う。

※灰原 哀
「名探偵コナン」は、高校生探偵であった工藤新一が、謎の組織に所属する黒づくめの男に毒薬(APTX4869)を飲まされ、体が子どもに戻ってしまった所から始まる。(子どもの新一が名乗った偽名が江戸川コナン)
灰原哀はその途中で出てくる転校生。実は黒づくめの男達の組織の一員でAPTX4869の開発者である宮野志保が、実の姉である宮野明美を組織に殺された事に反発して組織を裏切り、APTX4869を飲んでコナン同様子ども化してしまった姿。

灰原 哀(以下、哀ちゃん)は、新一に対して屈折した思いを持つキャラクターだ。
哀ちゃんにとって、新一は、
 1.自分が開発してしまった毒薬を飲まされてしまった被害者の一人
 2.姉の宮野明美の最期をみとった人
 3.体が幼児化し、黒の組織に狙われているという自分と同じ境遇の理解者
「罪悪感」と「パートナー(共犯者)」。
哀ちゃんと新一の関係はそこから始まっていると考えられる。

最初は「罪悪感」と「パートナー」から始まった関係も、新一の探偵としての能力や優しさに触れることによって、だんだんと「恋心」が育っていることは、これまでの描写から間違いない。

ただ、哀ちゃんは、本当に新一の気持ちを蘭ちゃんから自分に振り向かせたいと心底思っているのか?は、かなり疑問。哀ちゃんはかなり周囲に気を使う性格であることからも、誰かが不幸になる上での幸福が哀ちゃんの幸福の選択しとしてはありえない気がする。

「好きになってはいけない人を好きになってしまった」と哀ちゃんは思っているのではないか。
これが現在の哀ちゃんの状況と思われる。
自分の気持ちすらもてあましているので、思わせぶりな態度には出ても、最後の一歩は踏み出さない。

そのため、哀ちゃんは、読者の感情を揺さぶるためのキャラにはなっても、蘭ちゃんと新一の間を揺るがす人にはななりえないのよね。

まあ、そんな哀ちゃんの揺れる気持ちには気づきもしないくらい、新一がにぶちんなのが、蘭ちゃんと新一の関係が安泰な最大の理由かもしれないが(笑
スポンサーサイト

テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/05/13 13:02】 | マンガで考え | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<サルゲッチュ2 | ホーム | サンデー24号>>
コメント
Re:灰原 哀という人(by名探偵コナン)
こんにちは、ぶうさんの所から飛んできました。ぶうさん程ではないけれど、蘭ちゃん贔屓のちィと申します。
「灰原 哀」考、興味深く読まさせて頂きました。

確かに、新一&蘭の主人公カップルは、揺るぎない関係だと思います。原作の中では。
原作の中で確固とした関係ならいいじゃないかって気もしますが・・・
シェリーって人気あるし、陰のあるキャラに惹かれる気持ちも分かるので人気がある理由も分かるけど、蘭ちゃんファンにとっては複雑な存在。
ぶうさんが「ヒロインの座を脅かす」って言うのは、人気も含めて言ってるのかなぁって思ったりします。いえいえ本人に聞かないと分からないですけど。

いずれにしても、こうして複雑な思いを抱いてしまう事が原作者の狙い通りなのかもしれませんが(笑)

私自身は、シェリーは新一を鼻にもかけないって所が良かったのになぁと思うんです。
最初は新一(コナン)の事、気にしてなさそうだったから、私も気にしてなかった。
でも最近は新一の事を好きになったみたいで、ちょっと意外。いやかなり意外。こうなるとは思っていなかったので。何となく、シェリーらしくないと言うか、私の抱いていたシェリーのイメージとは違ったと言うか。

にぶちん新一だからこそ、心配になっちゃう部分もあるんですけどね・・・
益々シェリーの恋心をくすぐるような事をしでかしてくれそうで。
・・・そして私の心もざわついてしまう訳です。(んー、やっぱり青山先生の策略にはまっている気が)
【2005/08/26 01:05】 URL | ちィ #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
Re:Re:灰原 哀という人(by名探偵コナン)
ちィさん、こんにちは(^^) ようこそいらっしゃいました。読んでいただきありがとうございます。

「『ヒロインの座を脅かす』っていうのは人気も含めて言っているのかなぁ」というのはなるほど、そういう見方もありますね。

私はこう考えています。
「はてなダイアリー」によれば「ヒロイン」とは「主人公が男だった場合の相手役」だそうです。
私は原作至上主義(原作以外の展開はすべて正しくないと思っている(笑)なので、新一の気持ちが蘭から揺るがない=哀ちゃんは新一の相手にはなりえない。つまり「はてなダイアリー」の定義から言うと、「哀ちゃんはヒロインの座を脅かす存在になりえない」ということになります。

「シェリーは新一を鼻にもかけないって所が良かったのになぁ」と思ってらっしゃったというのは、私は逆に意外でした。よければ、何故そう思ったのか教えていただけると。興味あります。

哀ちゃんの恋心は新一の優しさの証明だと思うんですよね。秘密を共有していて頼れる存在でさり気ない優しさをあちこちで見せられて…そんな事されて「好きになるな」という方がどだい無理な話だと思います。でも、新一には蘭ちゃんという心の大部分を占める大切な存在がいて、元の体に戻りたいってのもほとんど蘭ちゃんの為と言っても過言ではなくて、自分に向けられている優しさが恋心から発したものではない事も哀ちゃんには十二分に分かっている。
こちらが好きになっても、こちらのことは絶対好きになってくれない存在。それが哀ちゃんにとっての新一だと思うんですよね。哀ちゃんはそれがわかっているから、新一には「共闘仲間」として接しているし、絶対に新一に告白することはないでしょう(まあ、もし話の途中で死んだりしたら松田刑事よろしく告白しちゃう事もあるかもしれませんが)
なんて胸キュンなキャラなんだ、美味しい~。

そのキャラとしての美味しさが「ヒロインの座を脅かす脅威」だとすると、哀ちゃんはまさしく蘭ちゃんにとって脅威たりえるキャラなのでしょうね。

蛇足ですが…
同人誌などで、哀ちゃんと新一がうまくいったり、哀ちゃんが新一にアプローチしたりするものは私の趣味には合いません(^^; 哀ちゃんはあくまで「自然にわきあがる恋心を自分でも持て余している」状態がよいのです(笑
【2005/08/26 01:06】 URL | 日向ほこ #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
どうもかずです。
先日はお世話になりました。

哀ちゃん考 読ませて頂きました。
いやはや、自分が思っている事の代弁が如くほぼ全ての内容に共感を覚えました(笑)

一時期はもっとコナンにアプローチして欲しいな~とか考えた事もありましたが(基本的に三角関係大好き人間なので(^^;)、周りに気を使う性格の描写を見るにつれ段々とそれは多分ムリだろなと悟るようになりました。
というか今はむしろ新蘭を応援している立場じゃないかな~とすら思ってます。多分海で蘭ちゃんと握手した当たりからそういう風に思うようになってきたかな。

ヒロインの座を脅かす云々の話は単純に出番の頻度やストーリーへの絡みの影響じゃないかと思っています。実際自分の中でも「復活シリーズ」以降は映画以外は新蘭で盛り上がる事って殆どありませんでしたし(^^;)(但し一昨日までは・・・ですが(笑)
【2005/08/26 01:07】 URL | かず #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
私が哀ちゃんについて今気になってるのは、
ラブコナン本の、「哀は、どっちかと言うと新一よりコナンのほうが好き」という旨の原作者コメント。

まぁコナンの姿でもっぱら接してるのだから…という単純な見方でよいのかもしれませんが…。

・歩美が好きなのはコナンだけ。
・哀はコナンという存在が仮初のものと知っているため、それを通した新一だけが好き。
 …だから、哀にとって歩美はライバルたりえない。(存在しない少年を好いているかわいそうな娘としかみなさない)

 ってふうに納得していたので。
【2005/08/26 01:07】 URL | くーFH #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
>かずさん

こちらこそ、お世話になりました(^^)

「新蘭を応援する立場」というのはちょっと同意しかねます(笑
別の人の彼氏を好きになってしまった状態ってのは結構辛いと思うんですよね(残念ながら?経験ありませんが) そこから素直に「応援しよう」という気持ちへ自分の恋心を昇華するのは、かなり自分の心を整理するか騙すかしないといけないように思います。哀ちゃんが現時点でそこまで出来ているのか?が、ちょと疑問。もし出来ているなら、もう少し応援的な行動に出ると思うんですよね。

では、「蘭ちゃんとの握手」は何を意味するか。

握手以前、哀ちゃんは蘭ちゃんのことを「新一の彼女」以上の存在として認知することを避けていたんでは。蘭ちゃんがいい子なのは横目で見ていても哀ちゃんにはわかってしまって、個人的に知り合いになることでもっと蘭ちゃんの魅力を知ると、ひょっとすると自分の嫉妬心が燃え上がってしまうかもしれないことを哀ちゃんは恐れていたのでは。
まあ、「哀ちゃんは新一が好きなんだけど、その気持ちを否定したがっている」という仮定の上で成り立っているのですが。

哀ちゃんから握手を求めたという事は、蘭ちゃんを新一と切り離した1個人として認知しようと思った気持ちの表れと思います。気持ちを整理したというより、気持ちを切り分けて複数化した感じですね。結局、哀ちゃんはまだ気持ちの整理がついてないんだけど、それとは分けて、蘭ちゃんと正面から向き合って知り得たいと思っているのではないかと。
哀ちゃんの気持ちってあまりストレートに描かれないので、その分想像しがいがあるというか、自分に引き寄せて考えてしまうというか、かなり主観が入ってしまうことは否めませんが(笑
【2005/08/26 01:08】 URL | 日向ほこ #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
>くーFHさん

私は、哀ちゃんは基本的に恋愛に絡んで誰かをライバル視するのを避けている節があると見ている、という事を前置きしておきながら。

哀ちゃんは歩美ちゃんを好きだと思います。
小さくて素直で可愛くて微笑ましい存在として。妹を見守る姉のように自分を思っているのではないでしょうか?哀ちゃんは姉妹の妹側だから、そういう見守る存在になることへの本能的な憧れがあると思うんですよね。

その上で、歩美ちゃんのコナンに対する気持ちもやっぱり微笑ましいものとして捉えているのではないかと思います。
「存在しない少年を好いているかわいそうな娘」という見方を哀ちゃんがしてるかは疑問。歩美ちゃんへの好意の眼差しを考えると、そういう冷たい見方はしてないように思えます。どちらかというと「小さい時の恋愛感情って可愛い」と微笑ましく思っている感じに思えますねぇ。

哀ちゃんは新一よりコナンが好きというのは、「そりゃまあそうだろ」と自然に受け止めてました。新一は蘭ちゃんの彼氏でしかないけど、コナンの姿をした新一は哀ちゃんの仲間でもありますから。
【2005/08/26 01:08】 URL | 日向ほこ #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
 私の場合正直、哀ちゃんに心を許してないんで、辛いめの見方が避けられないところです。
 もし裏切られたら、…ってところがどうにも不安なので。

「哀ちゃんは、コナンへの思い云々に関しても歩美ちゃんの味方なのかも…。(ex・天カウのオチパートの台詞等)」
 …というように信じきることができない。

「大切な友達への思いよりも哀自身のエゴが上回ってしまうことで、哀→コナンへの思いの強さを表現する」演出方法が取られたり、
また、
「哀自ら、わざと悪役となることでどうせどうにも叶いようの無い歩美の気持ちを逸らせるよう画策する」
 …などのパターンに入る危機感は、最後まで拭えないような気がします。

 これが杞憂なら嬉しいけども、今現在はまだまだ哀ちゃんを信じてあげられないです。
 どんなに哀と歩美が仲良くなっても、哀がコナンを好きでいる限りなくならない、しょうのない感想ではありますが。
【2005/08/26 01:09】 URL | くーFH #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
何だかくーさんの歩美ちゃんに対する気持ちって、父親の娘に対する気持ちみたいですね(笑

哀ちゃんが歩美ちゃんを裏切るのは、青山先生が読者の気持ちを裏切るのと同じ意味だと思えます。私は青山先生の人柄を信じているところがあるので、きっとそんな事はしないだろうと思ってしまいます。
「ホント優しいんだから、青山先生!」

ぶうちゃんやちィさん、くーさんのコメントを見てると「私は本当にキャラに感情移入してないんだな」と改めて思いました。キャラの感情は物語の中の流れとしか捕らえてないもんなぁ。そんな見方もあるんだなぁと思って読ませてもらってます。
【2005/08/26 01:10】 URL | 日向ほこ #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
こんにちは。ちィです。レスしなきゃと思いつつ遅くなってしまってスミマセン。
ぶうさん(http://ran.bblog.jp/)の所でも書きましたが、改めてこちらに。

あ、その前に。コナンファンと言いつつも、最近は単行本を買って来た時に一回読むだけで、あんまり深く読み込んでないんです。だから浅い意見かもしれないですけど・・・

さて、何故「シェリーは新一を鼻にもかけないって所が良かった」と思ったか。
それは、ぶうさんが「コナンの中でシェリーの存在はまったく必要の無いもの」と書いているのを読んだ時にさかのぼります。その時、まだシェリーはコナンへの恋心を持っていませんでした。私はぶうさんの文章を読んで「存在はいらないとまでは言わないけど・・・私は彼女を無視してやり過ごす」と思ったんですよね。
だけどコナンを好きになってしまった今、シェリーを無視できなくなってしまった。新蘭の恋愛模様が気になる私としては、コナン(新一)を好きになったシェリーは無視できない。さて困った、と言う訳です。
んでまぁ、思わず「シェリーは新一を鼻にもかけないって所が良かった」と書きましたが、「良かった」と言うよりも「存在を許せてた」と言う方が正しいかもしれません。
今は・・・存在を許さない、良くない、嫌いとまでは言いたくない・・・。やっぱり「心をざわつかせる存在」です。

ほこさんは、キャラに感情移入してないからこそ、冷静な分析が可能なのかもしれないですね。私もほこさんの見方、鋭さが面白いなぁと思っています!
【2005/08/26 01:11】 URL | ちィ #rrswhLw2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinatahoko.blog18.fc2.com/tb.php/19-90506fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。