スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
上司は思いつきでものを言う 橋本治
うちの会社の上司は概ね「マネジメント」が出来ない。
部下としての立場から私が期待する「マネジメント」とは、広い視野で情勢を的確につかんだ上で仕事や職場の方向性を示唆してくれる事なのだけど、そういった戦略立案の出来る人はまずいない。
それでも自分の事を優秀だと思っている人は多く、かつ「マネジメント」=細かいルールを作ってそれを部下が守っているかどうかチェックする事などと勘違いしている人が多いのでやりにくい事この上ない。
そういう不平不満を同じ平社員の先輩社員にぶつけると、まあ大体同じような事を感じていたり私以上に口汚く罵ってくれたりする。
そんな一人の先輩から「ぜひ読みなさい、これを読んで不平不満をぶつけ合う飲み会をやりましょう」と薦められたのが、この『上司は思いつきでものを言う』。『桃尻娘』で鮮烈なデビューを飾った橋本治の本でかなり売れているという。
さっそく読んでみた。

確かに、「上司は思いつきでものを言う」という現象がどうして起こるのかを、組織論から紐解いて解読しているのは面白い視点で、書かれている事は「そうかも…」と思う点が非常に多い。
単なる会社機構の話だけでなく、「上司という組織論」から派生して、官僚機構はどうして官僚的なのかとか、儒教の話とかにも言及して大層に上司思いつき問題を検討してくれる。
また「上司は思いつきでものを言う」という現象を解読するだけでなく、「どうして上司は思いつきでものを言ってしまうか」「思いつきでものを言われた場合に部下はどう対処すればよいか」などにも若干切りこんでいるところも面白い。

しかしまあ結局は、「上司が思いつきでものを言う」構造を理解した上で、上司に部下の考えが十分に理解できるように思いやって企画を作成し、「思いつきでものを言われている」ことを瞬時に判断できるだけの理解力をつけ、「それでも思いつきでものを言う上司」に対抗する手段として「呆れかえる」事を身に付けなければ部下に幸せは来ない…といわれている辺りが、橋本治も認めているが、ビジネス書的なハウツー本ではないのだなぁと思う。こんな部下になるのはかなりレベルが高くないといけない。

それにしても橋本治は実ははじめて本を読んだが、なんともはや読みにくい。同じ事を行きつ戻りつしながら語る語り口。論理破綻しているようで微妙に論理的に見える文章構成。まるで「3歩歩いて2歩下がる」世界が新書の小さな世界の中で行われているようで…正直イラつく文体である。
題材は面白いし書いてある内容は納得度が高いのに、電車の中などのやることが限られているシチュエーションでしか本を開く気がせず、たかだか221Pくらいの本なのに読了に1週間もかかってしまった。

文系な著者の文体が好きもしくは耐性があって、無能な上司に手を焼いている人が、上司を暖かい目で見るために読むにはいいかもしれない。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2004/10/29 23:58】 | 本を読んでは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ぴっぴら帳(ノート)1 こうの史代 | ホーム | 夕凪の街 桜の国 こうの史代>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinatahoko.blog18.fc2.com/tb.php/27-76481812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。