スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サンデー4・5号
気がつくとサンデーがもう2005年度版に。しかも4・5号合併号。月日が流れるのは早いなぁ…

■ハヤテのごとく!

最初2回ほど「ガンガン読んでいるみたい」という気になっていたが、読み進めるうちに「これはサンデーでしか連載できない」と思い始める。話のテンションが決してヌルく留まっていない所が非常にいい。絵とテンションにギャップがあるように思えてきた。

■史上最強の弟子ケンイチ

王道。倒した敵が次々に味方として現れるという辺りは、「魁!男塾」を思わせるが、助ける相手が宇宙人という所がサンデー的なのだろうか…

■結界師

猫かわいー。雀かわいー(笑
良守っていい人だなぁ。本人は自覚していないようだが、これが器の大きさなのか。
しかし、一番の驚きポイントは、中学校で先生が教室でお昼を一緒に食べていること(しかも教卓で)。私の中学校の時は給食じゃなかったので先生は職員室でお昼食べていたけどなぁ。珍しい。

■いでじゅう

この作品らしい初デート、微笑ましい(笑
告白しちゃったので、次回どうなるか。楽しみ。

■こわしや我聞

確かに、自分の中に何があっても揺るがない確固たる基準をもっていることは非常に大事。そして、その価値を番司がちゃんと理解しているところがまた良し。

■石澤の慎さん

現実をネタにしたファンタジー。読むとスカッとする部分があるが、現実としてありえない気持ちがするところが寂しい。これを読んで「将来、知事になろう!」と高い志を持った人が増えるといいな。

■D-LIVE

サンダーバードでした。モノレールを2台並べて間の窪みに着地させる事で翼への衝撃をなくすのか。いぶし銀の北見さんも当然素敵でしたが、ただの鉄っちゃんではなかった稲垣さんが妙に素敵でした。モノレールの間に胴体着陸を決めた斑鳩君が一番スゴイはずなのに、今までの数々のスゴさを見ているのであまり凄く感じなかったのが、またスゴイ(笑

■名探偵コナン

なんてことのない平和な殺人事件(笑)に戻るのかなと思っていたが、どうも黒の組織編を引きずった状態で別の事件へ突入。しかも巻き込まれているのは小学生?
この作品のことなので、小さい子がむごい事になることはないだろうけど、少年探偵団だけでどのように危機を乗り越えるのか楽しみ(^^)
核心に迫るような話が続くと終わりが近いのかと寂しくなってしまうけど…

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

【2004/12/23 23:24】 | サンデーを読み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ULTRAMAN」見たい | ホーム | 「クビ!」論。 梅森浩一>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinatahoko.blog18.fc2.com/tb.php/50-1fe42768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。