スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「GODZILLA FINAL WARS」の予告
「ハウルの動く城」を見に行った時に予告をやっていた。
どんなダメ映画でも予告では面白そうに見えるものだと思っていた。実際に予告を見てすごく見に行く気になって映画館まで足を運んだ挙句、「騙された」気持ちになって帰ってきた経験は少なくない。

ところが、この「GODZILLA FINAL WARS」。
予告時点ですでに面白くなさそうな気配が…(^^;)

なぜだろう。原因を考えてみた。

まず、予告の構成として、ゴジラは主体ではなく、人間側のドラマの脇役もしくは兵器として扱われている事に対する拒否反応はあるかもしれない。別にゴジラのリスペクターという訳ではないが、天災にも似たゴジラの存在に人間がどう立ち向かっていくか、という話の方が好みであるのは間違いない。
人間のドラマが主体になってくるとどうしても怪獣が添え物的に扱われて、人間ドラマの出来如何によって映画全体の印象が良くも悪くもなるので警戒しているのかも。

登場人物にもちょっと違和感が。
若い人が多く登場するのは最近の特撮映画の流行かもしれないが、CMもしくはテレビドラマを見ているような安さを登場人物の顔から感じてしまう。演技の良し悪しが分かるほど長い予告ではなかったので、どんな感じになるのかは分からないが、不安材料の一つとしては十分である。

まあ、たぶん見に行かないけど。
予告で非常に面白そうと興奮していたGMKだって、当日眠かったという理由で見に行かなかったんだし(笑

 >>「GODZILLA FINAL WARS」




スポンサーサイト
【2004/12/08 14:14】 | 一覧いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「クビ!」論。 梅森浩一 | ホーム | ニンテンドーDSを見た>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinatahoko.blog18.fc2.com/tb.php/78-ab90d930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。