スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
名探偵コナン「水平線上の陰謀」-感想の追加
感想の中で、十分に言葉に出来なかったことが、tomokaさんのブログにすべて書いてあったので、それに便乗して追加の感想を書きたいと思います。
>デュアル・サスペンス

犯人二人(二組)いるだけでデュアル・サスペンスなのなら、「天国へのカウントダウン」だってそーやん!とツッコミました。(永井一郎と黒の組織の両方の犯罪でしたもんね。)
お粗末過ぎますよねぇ。
古内さん、もっとがんばってくれって感じです。

>哀ちゃん、園子ペア

哀ちゃんの醸し出す雰囲気に、つい年下的行動をとってしまう園子がとっても愛らしかったです。
今回は哀ちゃんが非常に自然で見るべきポイントが高かったですね。

>海上保安庁さん

今回一番の貧乏くじだったのでは!?と思いました。お気の毒です。

>コナンのボート飛び

コナン君、距離飛びすぎ。何メートル飛ぶつもりなの!? 世界新記録!?

>まとめ

映画だけでなくTVのアニメオリジナルでも同じなのですが、往々に感じるのは、キャラが非常に「アホ」になってしまっている事。

コナンのキャラは、結構常識的な行動を取れる人が多く、たまにスコーンと抜けていることはあっても、それは「ボケ」ているのであって「アホ」ではないと思うのです。(まあ、ファンなので多分に欲目はあると思いますが)

その「ボケ」を「アホ」な行動を勘違いしてるんじゃないかなぁ、アニメの脚本を書く人は。
推理ものなので、確かにトリックや犯罪の動機は大切なのかもしれませんが、ちゃんとメインキャラの心情なり行動なりを抑えた上で、原作ファンから見ても自然な行動をとるキャラ達が事件に絡んで動くような書き込みを期待したいです。



スポンサーサイト

テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

【2005/05/28 04:49】 | アニメを見れば | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<監督不行届 安野モヨコ | ホーム | のだめカンタービレ(12) 二ノ宮知子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinatahoko.blog18.fc2.com/tb.php/81-73218702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。